2011年12月

第5回寒天寄席

2011年12月12日 月曜日

茅野市民館で三遊亭圓歌、鬼丸さんによる親子会が11日に行われました。開演前のお客様をおもてなしするように、ミニお茶席、日本酒試飲、地元の逸品販売などのイベントも開催され、アトリエ葉月は、単行本「捨てずにリメイク」を、リメイク作品と一緒に展示販売しました。着物、法被でご来場の方には大入袋をプレゼント。着物姿の素敵な方達が沢山いらしゃっていい雰囲気でした。

スタッフの皆様お疲れ様でした。

 

8枚接ぎのキャスケット

2011年12月12日 月曜日

ジャケットをリメイク。

先に紹介した手袋を作った残りで作りました。すっぽり被って耳を隠しても、耳を出して後ろを引いて被っても好いです。裏側は綿素材を使用。

手袋

2011年12月12日 月曜日

単行本「捨てずにリメイク」より。

ウールのジャケットをリメイク。テキストより、丈を5㎝長くしました。後身頃に付いていた飾りのベルトをアクセントに使用。親指も手首も暖かい便利な小物です。

兵児帯の羽織物

2011年12月12日 月曜日

兵児帯をリメイク。

帯のたれの部分を前見頃にそのまま切らずに使っています。絞りの部分はつぶさないように活かしましょう。前見頃は結んだりピンで留めたり、色々楽しむ事ができると思います。

フレアースリーブのワンピース

2011年12月12日 月曜日

男物の羽織をリメイク。

1枚でも重ね着しても着方は自由。ノーカラーなので、共布でリングストールを作りました。片面は、大正時代の本縮緬です。

紐シャーリングのチュニック

2011年12月8日 木曜日

明治時代の亀甲柄の紬です。とても柔らかくなっています。袖中央に紐を通して袖丈を調節。ポケット口にも紐を通してギャザーを調節します。軽くて保温力に優れたチュニックになりました。

前見頃ドレープのベスト

2011年12月8日 木曜日

以前、袖付きをご紹介しましたが、そのパターンを使用して袖なしにしただけです。前端が長くなっていますので、結んで着ても良いですね。

エスカルゴのクロッシェ

2011年12月8日 木曜日

 捨てずにリメイクより

セーターをリメイク。別珍を配色しました。6枚接ぎなので、どのように配色するかで雰囲気が変わります。別珍は逆毛なで毛で色が変化するので良く利用する素材です。

エスカルゴのチューリップハット

2011年12月8日 木曜日

セーターをリメイク

セーターに別珍を配色しました。裏は茶色の綿素材の柄布を使用しました。リバーシブルなので表と雰囲気を変えると、色々楽しめます。コサージュは取り外し可能。

 

 

エスカルゴのチューリップハット

2011年12月8日 木曜日

セーターをリメイク

ニットキャップのような帽子をイメージして作りました。トップクラウンがないので折りたたんで携帯できます。裏は着物地の黒を使用しています。